MapInfo Professional v7.0 新機能

◆リモートデータベースのサポート

X, Y(ポイントデータ),MS Access, SQL Server, Oracle, Informix, Spatial (Map オブジェクト),Oracle, Informix, SQL Server (パフォーマンス改善; SQL Server)


◆新規ファイル形式の追加

Shapeファイルの直接読み込み、GML V2のインポートサポート、ラスター形式のビルトインサポート:MrSid, ECW, JPEG2000, ADRG, CADRG, CIB, ASRP, NITF


◆測地系&投影法

日本測地系2000 (JGD 2000)、オーストリア投影法、ダブルステレオ投影法


◆オブジェクトの処理

ライン/ポリラインによる分割、ボロノイポリゴン、バッファ作成時のデータ併合、ポイント、マルチポイント、コレクションオーバラップ内消去と外消去


◆データの編集

オブジェクトの回転、カーソルキーによるオブジェクトの移動、ポリライン、ポリゴン作成時にノードをDeleteキーで削除。


◆操作性の改善

新規テーブルを参照して新規テーブルを作成、カラムを使ってオブジェクト併合をして、結果を新規テーブルに保存、Microsoft Excelファイルインポートの改善、Shapeファイルの投影法を自動検出、主題図作成時に個別値カテゴリーを使用、ファイル、ワークスペース、データベーステーブルへのアクセスが、新規の「開く」ダイアログボックスに統一


◆ツールの拡張

座標抽出機能、グリッドツール、HTMLイメージマップ作成機能


◆動作環境

Windows 98 SE、Windows NT SP6以降、Windows 2000 Professional、Windows XP Home、Windows XP Professional



トップページへ


MapInfoは、Pitney Bowes Software Inc. の登録商標または商標です。
記載されているその他の製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です。