MapInfo Professional v6.5 新機能

◆リモートデータベースのサポート

SpatialWare 4.5 SQL Server, Oracle 8.1.5, 8.1.6, 8.1.7に格納されたデータへのリモートアクセス


◆ラスター/グリッドデータ表示の強化

ラスター、グリッドデータの透過性、DEM, DTED, GTOPO30グリッドフォーマットを直接読み込みことが可能になりました。


◆3Dプリズムマップ

2種類の属性を1つの主題図に表現。数値情報を持つポリゴンに対し、その値により高さを表現、3D表示します。一度に異なる2つの属性値の表示が可能です。


◆TIN補間法のサポート


◆選択の反転


◆オブジェクト処理の強化

自己交差、ギャップ、オーバーラップの検出・修正、オブジェクト間のスナップノードの許容範囲設定、余分なノードの除去による軽量化、構成要素による分離、データ処理の高速化


◆新規のオブジェクトタイプ

マルチポイントオブジェクト(2つ以上のポイントを単一レコード化)、コレクションオブジェクト(ポイント、ライン、リージョンを単一レコード化)


◆ユーザインターフェイスの拡張

「レイヤの全体を表示」機能、ラスター及びグリッドデータレイヤの自動ズームイン、最近使用したファイルリストを10項目に拡張


◆ツールの拡張

座標抽出機能、グリッドツール、3TMLイメージマップ


◆動作環境

Windows 95、Windows 98、Windows NT 4.0 Workstation SP3以降、Windows 2000



トップページへ


MapInfoは、Pitney Bowes Software Inc. の登録商標または商標です。
記載されているその他の製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です。