MapInfo Professional v7.5 新機能

◆リモートデータベースの接続

ポイントデータ(X/Y):

MS Access, SQL Server, Oracle, Informix


地図データ(Spatial Data):

Oracle 8i および 9i, Informix, SQL Server(SpatialWareを使用)
(「DBMSテーブルをマップ作成可能にする」でOracle Meta-Dataの自動読み込みをサポート)


◆ラスターおよびベクトルデータ

ラスター画像の座標情報登録時のユーザーインターフェースを改良

新しいユーティリティとして、シンプルな操作性のベクトル登録ツールを追加


◆ラスター画像の処理能力の向上

Microsoft Excel の制限値までのデータをサポート
(7.0以前の上限=32,000行)


◆OGCスタンダード

OGC準拠のWMS (Web Mapping Service) サーバー上のデータに対する接続および表示をサポート

OSGB GML v2 ファイルのインポート機能を拡張(スタイルおよびテキストオブジェクトもインポート可能)


◆マップ表示

リージョンのフィルパターンを拡張(100以上の新規パターン追加)

カスタムシンボルの拡張(高解像度、色合い、サイズの拡張サポート、シンボル数の制限を廃止)

3Dウィンドウ画面の自動スクロールおよび移動の改善

3Dウィンドウ内の解像度向上

スナップ範囲の継続表示、中心点へのスナップ

「クロスヘアー」(照準)表示モード

ユーザーインターフェースの改良

頻繁に使う機能のショートカットが多数追加

「ポイント作成」ダイアログおよびウィンドウ管理機能の拡張


◆データ編集、処理

レイアウトウィンドウでの縮尺設定

枠の大きさを変更せずにマップのズームレベルを変更可能


縮尺パターン

解像度の低いプリンター使用時、フィルパターンの縮尺を自動調整


ワークスペース・パッケージャー

自動的に開いている全てのテーブルを1つのディレクトリにコピーし、そのディレクトリのみを参照するワークスペースを作成(他のMapInfoユーザーとワークスペースを共有する際に有効)


◆MapBasic

MapInfo Professionalの新機能をサポートするために、MapBasicステートメントも追加・更新されました。またMapBasic v7.5ではHTMLイメージマップ、マッピングウィザード、および製品のプログラム容易性をデモンストレーションするユーティリティの各サンプルコードを収録しました。


◆動作環境

Windows 98 SE、Windows NT SP6以降、Windows 2000 Professional、Windows XP Home、Windows XP Professional



トップページへ


MapInfoは、Pitney Bowes Software Inc. の登録商標または商標です。
記載されているその他の製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です。