MapInfo Professional v6.0 新機能

◆インターネットサポートの強化

ホットリンク機能(オブジェクトをクリックしインターネットブラウザを起動)、HTML機能(マップイメージをHTML形式ファイルに出力)


◆3D表示

グリッド主題図を作成したマップを、3Dイメージに立体的に表示することが可能です。


◆対応データベースの追加

Oracle 8.1.6, MS Access 2000。MS Accessへ同時に 複数ユーザーのアクセスが可能。


◆出力機能の拡張

24ビットでのラスター出力、ワークスペースに用紙サイズを保存が可能になりました。


◆オブジェクト処理の拡張

凸包(とつほう)ポリゴンが作成出来ます。凸包ポリゴンとは図形を形成する最も外側にある点を結んで、点集合の最短の境界線で生成したポリゴンです。


◆地図凡例機能の拡張

項目の自動整列が可能となり、テーブルを結合して別のテーブルから凡例を生成することが可能です。


◆新対応データフォーマットの追加

ER MapperのECW, Vertical Mapper Grid, AutoCAD 2000等に対応


◆ツールの拡張

シンボル回転機能、ラベル回転機能、縮尺バー作成機能の拡張(投影法に依存なく真っ直ぐなバーが作成可能)、テーブル管理機能の拡張(メタデータの読み書き)


◆動作環境

Windows 95、Windows 98、Windows NT 4.0、Windows 2000



トップページへ


MapInfoは、Pitney Bowes Software Inc. の登録商標または商標です。
記載されているその他の製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です。