MapInfo Professional v8.5 新機能

< データ アクセス >

●Web サービス

MapBasic のプログラム機能による Web サービスへのアクセス

新しい Web サービス ツールバーで機能にすばやくアクセス可能

プロキシや HTTPS プロトコルなど、Web サービスの環境設定を構成する新しいインタフェース


●データ形式

最新の AirPhoto USA ラスタ フォーマット、Intermap TIFF イメージ フォーマット、ERDAS IMG フォーマットに対応


●データベース サポート

Oracle 10g および 9iR2、Microsoft SQL Server 2000 および SQL Server 2005、Microsoft Access XP、IBM Informix 9.4


●空間データ サポート

Oracle Spatial 10g および 9iR2、Oracle Locator 10g、SQL Server 2000 with MapInfo SpatialWare v4.8.1、Informix 9.4 with MapInfo SpatialWare 4.5.2

[ウィンドウに名前を付けて保存] : マップ ウィンドウのイメージを地理参照情報と共に保存するオプションや、イメージのためのアンチエイリアスのオプションの追加


< マッピング/データ編集 >

デフォルトの距離単位と面積単位の設定機能

デフォルトの主題図をテーブルと共に保存

ブラウザ ウィンドウでの列と式の保持

Select と SQL Select のクエリ結果の自動表示

ラスタやグリッド イメージの再投影と回転を即座に実行可能

ラスタおよびグリッド ファイルを平滑化して詳細な情報を把握するオプション

ラスタ登録ダイアログの拡張 - 十字形カーソルと拡大されたデータ ビューのサポート

Vertical Mapper (英語版のみのご提供となります) のグリッド (GRD) ファイルのサポートの拡張 - 3D のビジュアル化に対応

バッファ解像度の最大値の増加

領域編成機能を拡張し、領域の合計に基づくパーセント値を追加


< データベース機能の向上 >

新規テーブルの作成やリモート コピーの保存時の主キーの使用

Oracle データベースでの主キーのオート インクリメントの使用

リモート データベースにアップロードした MapInfo データの保存精度の向上

[DBMS テーブルのリフレッシュ] ボタンで、すべての形式の ODBC 接続型テーブルをリフレッシュ


< ユーザ インタフェースの拡張 >

メッセージ ウィンドウと統計ウィンドウからのコピーと貼り付け

よく使用する機能に対応する新しいツールバー ボタンを追加

ステータス バーが拡張され、座標とファイル名フィールドの拡大

ダイアログ ボックスが拡張され、表示される情報が増加 ([レイヤ管理]、[テーブル定義の変更]、[新規テーブル定義]、[ラスタ イメージの登録])

自動トレース ツールの拡張 - トレース時に表示されるラインの見やすさの向上

新しい右クリック メニューにより、選択中の情報を素早く表示


< 出力と印刷 >

ラベルのアンチエイリアスに対応

28,000 ピクセルという制限の廃止 (あらゆるサイズのマップの印刷に対応)

大きな印刷でのメモリ管理の向上

PDF 出力機能の追加

イメージまたはベクトル データを Google Earth にエクスポートするツールを装備


< ツール >

ユニバーサル トランスレータの更新

拡張された Google Earth ユーティリティをツール マネージャに追加


< 測地系の拡張 >

ETRS ベースの新しい座標系の追加:

  • スウェーデン座標系
  • 南アフリカ座標系ゾーン
  • リトアニア座標系
  • ラトビア座標系
  • エストニア座標系

< ヘルプ システムの拡張 >

MapInfo Professional のツールのマニュアル

Web コンテンツへのリンク

カスタマイズ可能なお気に入り

ナビゲーションの効率化


< MapBasic の拡張 >

以下のステートメントの追加:

EPSGToCoordSysString$( )、ジオコード ステートメント、ドライブ域ステートメント、ObjectNodeHasM( )、ObjectNodeHasZ( )


MapBasic アクセサ関数の追加:

HTTP、FTP、XML の関数呼び出し


以下のステートメントの拡張:

Create Object ステートメント、Create Redistricter ステートメント、Shade ステートメント、UnitAbbr$( ) 関数


< 動作環境 >

  • Windows 2000 Professional SP4
  • Windows XP Professional SP2
  • Windows XP Home SP2
  • Windows 2003 Server SP1 with Terminal Services/Citrix

トップページへ


MapInfoは、Pitney Bowes Software Inc. の登録商標または商標です。
記載されているその他の製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です。