三井E&Sシステム技研株式会社

DRP開発支援

電子ソリューション事業部では、三井造船時代からの電子化技術を核として、制御・監視装置に始まり、組み込み系電子機器のハードウェア開発、ファームウェア設計まで多岐にわたる事業を展開してきました。そこで培った技術力、開発力を駆使してお客様のご要求に応じた機能を実現し、最適なサービスをご提供いたします。

DRPとは


DRP(Dynamically Reconfigurable Processor)とは、ルネサスエレクトロニクス社が開発した動的に再構成が可能なプロセッサ技術です。


特徴① ソフトウェアの柔軟性 特徴② ハードウェアの高速性
クロックサイクルで動的に回路を切り替えるプログラマブルハードウェアによりソフトウェアの柔軟性を提供します。 複数の回路を時間軸方向に分解することによりハードウェアの高速性を保ちつつ、高い面積効率を実現します。また、必要な機能だけを実装するため消費電力も抑えることができます。

1~数個の演算を
1サイクル毎に処理

平面展開した処理を
1サイクル毎に処理

任意の演算を平面に
展開して同時処理

自由度は高いが
性能は限定的

平面展開の性能と
回路切り替えによる
面積効率を両立

全て平面展開するため
高性能だが面積が大きい

DRPは、ルネサスエレクトロニクス社のRZ/A2Mなどに内蔵されており、
特に画像処理をCPUと比べて10倍以上高速化可能なIPコアになります

関連リンク 動的再構成プロセッサの概要(ルネサスエレクトロニクス社)



DRPを使うことによるメリット


機能変更、追加に
柔軟に対応

高負荷な処理でも
CPUの負担を軽減

専用ハードウェアと
遜色のない性能

各種スキャナのプロトコルの
更新、仕様の追加など

顔検出、指紋認識などシーン
に合わせた画像処理

スマート家電など組み込みAI
の画像前処理を高速化



具体例


カメラからの画像取得やモータ制御におけるエンコーダインタフェースでは、専用ICやFPGAが必要です。また、接続デバイスが変わることにより、基板の再設計が必要になることもあります。
このように基板面積の増大が製品の小型化への足かせとなり、基板改版によるコストパフォーマンスの低下も発生します。DRP搭載マイコンの導入は、この問題点を解決できます。
※Image Signal Processor

DRP開発パートナー


当社は、ルネサスエレクトロニクス社のアライアンスパートナープログラムに加入しており、“DRPパートナー”として皆様のDRP利用をお手伝いいたします。



DRP開発支援のご紹介


組み込み開発

組み込み開発

DRPのライブラリ開発から、専用ハードウェア設計、ファームウェア開発まで幅広くご提供いたします。


エッジAI

エッジAI

リアルタイム性に優れるコンピューティングとしてエッジAIが注目されています。DRPを用いた当社のエッジAI端末をご紹介いたします。

DRP開発支援に関するお問い合わせ

  • HPからのお問い合わせ

下記リンクからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせ

  • お電話によるお問い合わせ

三井E&Sシステム技研株式会社

営業本部 西日本営業統括部 第二営業部

TEL:0863-23-3453




目的カテゴリ

業種・業務カテゴリ

製品/サービス情報