三井E&Sシステム技研株式会社

製品詳細

キャプチャツール

キャプチャツール

モニタBOXを使用して、リアルタイムでFOMA UM03-KOの各種信号情報をモニタリングし、キャプチャすることができます。

モニタBOX

モニタBOX

FOMA UM03-KOの信号データを高速にサンプリングして取得します。
注:「FOMA UM03-KO」は付属しておりません。

ビューアツール

ビューアツール

キャプチャツールで取得したデータを多彩な表示機能で解析することができます。

¥180,000- (税抜き)

PPP Packet Viewer SAKURAの主な特徴

FOMA UM03-KO、FOMA UM03-KO専用アダプタセットに対応

  • FOMA UM03-KOをモニタボックスに装着してDTEとDCE間の信号をモニタリング可能
  • FOMA UM03-KO専用アダプタセットをDTEとDCE間にモニタボックスを接続してモニタリング可能

種々の信号をモニタ可能

  • 通信データ、シリアル制御信号、さらにFOMA UM03-KO専用の制御信号、ステータス信号もモニタリング可能
  • シリアルだけでなくUSB接続時の通信データもモニタリング可能
  • USB2.0(480Mbps)、USB1.1(12Mbps)のどちらでもモニタリング可能

USBデータのCDC解析機能

  • USBパケット/トランザクションから、CDC(USB Communication Device Class USB通信デバイスクラス)プロトコルを解析、シリアル通信データ形式に変換可能
  • FOMA UM03-KOの2つのUSBインタフェースの通信データを同時表示可能

キャプチャ機能

  • キャプチャデータは、1ファイルあたり最大1GBまで保存可能
  • 分割キャプチャにより、取りこぼしなく長時間のキャプチャ保存が可能
  • 1μs未満の信号変化の検出が可能

ビューア機能

  • 信号状態を最小1μs単位でタイムチャート表示。さらに、1μs未満の信号変化の有無も確認可能
  • PPP(Point-to-Point Protocol)通信フレームの解析表示が可能
  • シリアル、USBどちらの接続でも、ATコマンドの翻訳表示が可能
  • 通信データ、シリアル制御信号、FOMA UM03-KO専用モニタ信号状態の同時表示により、信号間の変化タイミングの確認が可能

接続構成

PPP Packt Viewer SAKURA用モニタBOXとお客様機器を専用フレキケーブルで接続することにより、お客様機器から「FOMA UM03-KO」を制御することができます。 また、モニタBOXにUSBケーブルまたは、RS232Cケーブル(D-sub9ピン)を接続することにより、お客様機器から「FOMA UM03-KO専用アダプタセット」を制御することができます。
モニタ BOXで取得された信号は、ホストPC上のキャプチャツールにより、モニタリングやキャプチャが可能です。

接続図

機能一覧

モニタリング機能

  • UARTシリアルインタフェース信号

    SD、RD、XER、XDR、XRS、XCS、XCI、XCD信号

  • USBシリアルインタフェース信号

    USB_DPLUS、USB_DMINUS、USB_VBUS、USB_H_RDY_n、USB_D_RDY_n信号

  • 制御信号

    VCC、OUT1.8V、PWRKEY_ON_n、PWRKEY_OFF_n、SYSRST_n、MODEM_MODE_n信号

  • モニターインタフェース信号

    ANT1_n、ANT2_n、TRX_n、LEDG_n、GPS_n、ADL_n、LEDGMS_n、SMS_n、CBS_ETWS_n信号

  • 音声インタフェース信号

    MIC、EP信号

  • 圏内・アンテナ表示

    ANT1_n、ANT2_n信号の状態からアンテナ強度を表示

  • 中間値/規定電圧越え対象信号

    USB_H_RDY_n、MODEM_MODE_n、XRS信号(FOMA UM03-KOのみ対象)、XER信号(FOMA UM03-KOのみ対象)

  • 規定電圧越え対象信号

    USB_VBUS、PWRKEY_ON_n、PWRKEY_OFF_n、OUT1.8V、VCC、SYSRST_n

表示機能

  • 全体表示

    各種信号線の情報をタイミングチャート形式で表示

  • 詳細チャート表示

    全体表示の内容を詳細(1μs単位)にタイミングチャート表示

  • 省略表示

    通信データのみを表形式で表示

  • 詳細表示

    各種信号線の状態を表形式で表示

  • 翻訳表示

    通信データからATコマンド及びリザルトコードを翻訳して表示

  • 解析表示

    通信データからPPPフレームを解析して表示

  • マーカ表示

    手動・自動でマーキングした一覧を表示

通信デバイス選択機能

  • デバイス選択

    FOMA UM03-KO、FOMA UM03-KO専用アダプタセットの選択が可能

  • 通信インタフェース選択

    USB接続、シリアル接続の選択が可能

信号の監視・検出機能

  • 電圧異常検出

    信号の既定電圧超えや既定電圧まで下がりきらない状態の検出が可能

  • ノイズ波形検出

    高速サンプリングにより、リンギング等のノイズ波形の検出が可能

解析機能

  • PPPフレーム解析

    サポートプロトコル:LCP/IPCP/CHAP/PAP/TCP(VJ圧縮対応)/UDP/ICPM

  • シーケンス図表示

    PPPフレームの送受信タイミングをシーケンス図で表示

ファイル変換機能

  • CDC解析機能

    USBキャプチャファイルのCDC解析を行い、シリアル形式のファイルフォーマットに変換可能

画面キャプチャ機能

  • 画面キャプチャ

    表示中の画面イメージをJPEG/ビットマップ形式でファイルに保存可能

キャプチャ拡張機能

  • 条件実行機能

    キャプチャの開始と終了の条件が設定可能(シリアルキャプチャのみ)

  • 連続実行機能

    条件実行機能を連続して実行が可能

  • 手動マーカ機能

    キャプチャ実行中に任意のタイミングでマーカポイントを手動で設定可能

  • 自動マーカ機能

    信号の変化タイミング等の各種条件設定により、キャプチャ実行中に自動でマーカポイントを設定可能

  • 時刻補正機能

    キャプチャの経過時間をPCの内部時計と同期することで時刻補正が可能

ログ機能

  • キャプチャデータのファイル出力

    表示データをテキスト形式でファイル出力が可能(省略、詳細、解析表示に対応)

データ参照機能

  • ヒストリ選択

    過去に保存または表示したファイルを簡単に選択可能

  • 拡張子関連付け

    ファイルを直接選択して表示が可能

  • ドラッグ&ドロップ

    表示画面にファイルをドラッグ&ドロップして表示が可能

  • マルチウィンドウ

    同時に複数のデータ表示が可能

データ保存機能

  • データの保存

    キャプチャ結果をファイルに保存が可能

  • キャプチャ中の分割保存

    キャプチャ中のデータを指定条件でファイルに分割して保存が可能

  • 複製・部分保存

    表示中のデータを複製保存や選択範囲の部分保存が可能

ツール機能

  • センタ接続機能

    設定したセンタへFOMA網を経由しダイヤルアップ接続が可能

  • 計測機能

    ダイヤルアップ接続したセンタへPINGやスループット計測が可能

  • 接続先設定機能

    接続先(APN)の参照や登録が可能

製品構成

モニタ BOX(MS3600)本体  1台
プロービング用基板(オシロスコープにて信号測定を可能にする基板)  1枚
専用フレキケーブル(0.3m)  1本
固定用ネジ  4本
アダプタセット用モニタケーブル(ストレート、1m)  2本
RS-232Cケーブル(D-sub9ピン、ストレート、1m)  2本
USBケーブル(ABタイプ、1m)  3本
専用ACアダプタ  1台
RFケーブル(SMメス-U.FLメス)  1本
CD(ソフトウェア、ユーザーズマニュアル)  1式
保証登録書  1枚
はじめにお読みください  1枚

※「FOMA」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※その他、記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

※「Windows」は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

※製品の仕様・外観は、予告なく変更することがあります。