三井造船システム技研株式会社 Mitsui Zosen Systems Research Inc.

舶用ディーゼル主機関制御室操縦装置

製品詳細(BMS-2000 II、EMS-200 II共通)

当社の舶用低速ディーゼル機関用遠隔操縦装置は、40年を超える豊富な経験と3,700セット (2007年5月現在)を超える実績のもとに、最新のハイテク技術を駆使して開発されたものであり、 操作性・安全性・信頼性の向上と同時に経済性・メンテナンスの容易性の向上を追及しています。

構成

BMS-2000IIは次の5システムより構成されています。

1) 機関制御システム (ECS)
2) 機関保護システム (EPS)
3) 機関操縦システム (EMS)
4) 電子ガバナ (MAG)
5) テレグラフシステム(ETS)

ページのTOPへ

特徴

C/Rバックアップ操縦機能を標準装備

ECSとEMS、及びMAGの回転数制御部を統合した制御モジュールの他に、EMSとMAGの回転数制御部 を統合したC/Rバックアップ操縦モジュールを標準装備しており、操縦機能の冗長性を 向上しています。

W/H、C/Rに大型カラー液晶表示を採用

12.1インチタッチパネル式カラー液晶画面の採用によって、表示部を統一し、充実した表示内容、視認性の向上を図っています。

卓内配線操作の効率化

機器間接続ケーブル及び外部電線用端子にはコネクタを使用しており、結線作業の低減、誤結線防止と保守・点検作業の省力化を実現しています。

高信頼性機器の継続使用

従来型装置で高信頼性が確認されているつぎの機器は継続使用しています。

・電子ガバナのアクチュエータとサーボドライバ
・速度調整ダイアル、RPMピックアップセンサ
・テレグラフロガー、テレグラフ受信機
・テレグラフゴング

その他

・ABS、DNV、LR、NKの型式承認をve取得
・Pre-warning Shut Down and Slow Downを標準装備
・CEマークを取得

ページのTOPへ

構造図

構造図

上記「製品」についてのお問い合せは、メールアドレス まで、お願いします。

ページのTOPへ
PageTop