三井造船システム技研株式会社 Mitsui Zosen Systems Research Inc.

ソリューション&サービス

データ分析システム(OLAP)

課題

データをもとにした意思決定を支援する

  • 意思決定のために、各種データを見たいがデータを取り出すまでに多くの時間と費用がかかる
  • データが複数の場所に存在する為、データを取り出し後、再度、表計算ソフトへの入力等、加工処理を行わなければならない
  • 帳票に関し、多少の変更を行うだけで、プログラム開発(=費用)が発生してしまう
ページのTOPへ

概念図

データ分析システム(OLAP)概念図
ページのTOPへ

導入効果

意思決定のスピードアップ、データ分析処理の効率化、帳票出力の柔軟性向上

  • 使い慣れたMicrosoft®Excelで、各種データを自由に操作することができます。これにより、実データを参照しながらの意思決定のスピードを向上させます。またExcel及びピポットテーブルの操作を理解している人であれば、新たな学習は必要ありません。
  • データウェアハウスを構築し、各種業務データを情報系/意思決定系データとして集約します。これにより、複数の業務システムで扱われているデータを一元的に操作することが可能となります。
  • OLAPの活用により、業務システム側の情報変更が無い範囲であれば、追加のプログラミングが発生しません。よって、いつでも、柔軟に帳票の変更を行うことができます。
ページのTOPへ

導入実績

自動車メーカー / 人材派遣会社 / 陶器メーカー / 広告代理店 / レンタル業など

ページのTOPへ

その他

クライアントはMicrosoft®Excel 及びWebブラウザ(IE)で動作致します。よって特別なクライアントソフトウエアは必要ありません。

ページのTOPへ
PageTop