三井造船システム技研株式会社 Mitsui Zosen Systems Research Inc.

ソリューション&サービス

振込入金自動照合支援システム

振込入金自動照合支援システムは、煩雑な入金消込業務を大幅に省力化することを目的としたシステムです。 銀行からの入出金情報と自社内にある売掛金、未収入金等債権の請求情報を明細別に自動照合し、自動照合出来なかったデータに対して手動で照合します。

あらゆる入金形態(振込、手形、現金)に対して入金消込、取引先毎の入金履歴検索が出来る様に工夫されており、送金手数料、消費税誤差等による過不足調整を含めた個別消込をします。

又未収入金や支店間送金等請求情報がない入金消込や支払通知との連携等、貴社の実情に応じたカスタマイズを致します。

ページのTOPへ

課題

  • 売掛管理の効率化及びスピード化を計りたい
  • 外部要因による作業負荷を平準化したい
  • 担当者の経験や知恵に頼る部分をシステム化したい
  • 振込、手形、電子債権、クレジット、代引等多様化した入金消込業務を統合したい
ページのTOPへ

概念図

振込入金自動照合支援システム概念図
ページのTOPへ

導入効果

  • 煩雑な入金消込業務を大幅に省力化することが可能です。
  • 複数の端末で処理ができますので入金消込を経理に集中したり、営業担当者に分散してもシステム運用が可能です。
  • システム化により入金消込担当者が不在でも、営業担当者は入金や消込状態の確認が可能です。
  • 煩雑な消込条件のマスタ保守が無く、入金消込担当者は不明入金の調査に集中できます。
  • 1社1ライセンスの考え方で、ユーザ数によってライセンス費用は増減しません。
ページのTOPへ

オプション製品

  • FBタイマー起動システム・・・ファームバンキングによる銀行からの入金情報をタイマー起動により自動取込します。
  • 外貨入金消込システム・・・外貨建ての入金消込をします。

経理関連システム製品

  • 経費精算システム・・・立替金を中心とした諸経費の申請・精算業務をシステム化し、支払情報をファームバンキングに接続します。
  • 外貨取引損益分析システム・・・外貨建て取引を、取引発生時、入金時、期末時、円転換時のレートで差損益を分析します。
ページのTOPへ

導入実績

1988年販売開始より60社以上(2016年3月現在)

ページのTOPへ

導入を検討されているお客様へ

振込入金自動照合支援システムのセミナー、展示会への出展計画は現在ございませんので個別訪問を致します
また、無償で自動照合のシミュレーションをしますので、本システムの導入効果が評価できます。

詳細は下記のお問合せ先にご連絡下さい。

ページのTOPへ

その他

OS Microsoft® Windows Server 2008Standard Edition
Microsoft® Windows Server 2012Standard Edition
Microsoft® Windows Windows 7 Professional
Microsoft® Windows Windows 8 Professional
データベース Microsoft® SQL Server 2005 以降 (Oracle接続はカスタマイズします)
開発ツール 株式会社パーシモンシステム LLL/.net*

(LLL/.netのランタイムモジュールは振込入金自動照合支援システムにバンドルしています)

*振込入金自動照合支援システムは、株式会社パーシモンシステム社LLL/.netを利用してVB/.netで開発しています。

ページのTOPへ

資料請求・お問合せ

資料請求・お問合せは、下記までご連絡ください。

三井造船システム技研株式会社

ビジネス事業本部 ビジネスソリューション事業部

         第一システム部  担当:藤本

〒261-8501 千葉県千葉市美浜区中瀬1−3−D9

TEL:043-274-6181 / FAX:043-274-6185

Email:bacis2014@msr.co.jp

*記載されている製品名、社名、マーク、ロゴ、およびシンボルは、それぞれの商標権者の商標または登録商標です

ページのTOPへ
PageTop