三井E&Sシステム技研株式会社

社員紹介

入社の決め手は何でしたか?
 学生時代は「専門的なスキルが身につく技術職」、「ものづくりに関わる仕事」をキーワードに就職活動をしていました。そして、自分の出身地である千葉で働ける企業を探していたところ、当社を知りました。世界を舞台に活躍する三井造船のグループ会社として安定した基盤を持っていること、独自のパッケージソリューションを持っている強みがあることなどが魅力に感じました。
 また、説明会の際に風通しのいい社風と仰っていたのですが、実際に人事の方や面接してくださった役員の方々は明るい雰囲気で、このような先輩たちと一緒にこの会社で働きたいと思ったことが入社の決め手です。
現在の仕事はなんですか?
 現在の主な業務は出版社様向けに業務支援システムの開発を行っています。
 要件定義から基本設計、開発、テストまで一通り担当しています。
 基本的には自社内での作業になりますが、打ち合わせ等でお客様先へ出向き作業することもあります。
 また、社内で使用する業務システムの運用・保守も担当しています。
仕事で、誰と関わりますか?
 社外ではお客様である出版社の方と関わることが多いです。情報システム部門の方だけではなく、現場の方とも話す機会があり、異なる業界の業務内容を知ることができるところが面白いです。
 社内では主に同じプロジェクトのメンバーと関わることが多いです。進捗状況の報告やシステムに関する情報共有をこまめに行います。それまでシステム開発といえばパソコンに向かってひたすらに孤独に作業という印象がありましたが、実際は人と人とのつながりが重要な役割を担っている仕事だと感じるようになりました。
仕事で感じるやりがいはなんですか?
 大学ではまったくプログラミングは関係ない学部の出身で、プログラミング未経験だった自分が、設計書を元にプログラミングを行い、実際に動くものができたときに初めて達成感を覚えました。それからは、プログラム設計書の作成や、テスト方法を理解しテスト仕様書を作成するなど、開発作業以外の資料作成もできるようになりました。日々が勉強であり、一つ一つ理解して作業範囲を広げ、一人前のSEに近づいている・プロジェクトに貢献できていると実感した時にやりがいを感じています。
仕事で感じた厳しさはなんですか?
 自分の言葉できちんと物事を伝える難しさを改めて実感しました。お客様の中ではシステムやITに関する知識にばらつきがある場合もあります。そういった方々に認識のずれがないよう正しくシステムの仕様について伝える必要があります。
 また、お客様だけではなくプロジェクトのメンバーにも「報・連・相」を徹底し、作業の状況や仕様についてきちんと伝え、コミュニケーションをとることがプロジェクトへの大きな影響を未然に防ぐ一つの方法でもあります。
 なんとなく伝わっているだろう、ではなく様々な立場の方に正しく把握できるよう物事を伝える大切さとその難しさを実感しました。
代表的な一日の仕事の流れを教えてください
8時45分
就業開始
メールチェックとプロジェクトメンバー間で進捗状況の確認を行い、1日の作業内容を決定します。
9時00分
設計書作成
プログラムを作成するためにはまず設計書が必要です。ここで欠陥があると開発作業に影響していくため、とても重要な作業です。
12時00分
昼休み
同期の子とランチを食べて気分転換します。
13時00分
プログラミング
設計書に基づき実際にプログラムを開発します。プロジェクトのメンバーと仕様を確認しながら、品質&保守性を意識しながら作業しています。
17時00分
ミーティング
プロジェクトのメンバーと進捗報告を行います。いま抱えている問題などを話してアドバイスをもらったりします。
17時30分
退勤
退勤

MSRのPRを一言お願いします!

風通しがよく面倒見の良い会社です!

 入社してから新人研修を行い、SE・社会人としてのスキルを磨きます。その後、配属してからは個々に教育担当の方が付き、OJTを通じて業務を一つ一つ理解していきます。実業務でも、プログラミングや資料作成など初めはわからないことも多いですが、周りの先輩方が丁寧に教えてくださるので、いろんなことが学べてとても充実した毎日を送れています。
 以前、プロジェクトの主要メンバーとして、要件定義から導入、保守までの業務を任せて頂いたことがありました。私の様な若手社員にも責任のある業務を経験できる機会を与えて頂ける、対等な立場で接して頂けているのは恵まれていると感じます。

入社の決め手は何でしたか?
 エントリーの決め手は「取り扱う製品がとにかく大きいこと」。舶用ディーゼルエンジンやコンテナクレーンなど大型機械を制御する仕事と聞き、エントリーを決めました。
 入社の決め手は採用担当をなさっていた方々の人柄です。会社説明会から最終面接まで、思いやりが感じられながらも、安定感のある方ばかりで、自分らしく試験に臨めたことを覚えています。福利厚生や仕事内容などを重視して会社を絞り込んだ中にあって、どんな人と働きたいか考えるきっかけとなったことが印象的だったので、入社を決めました。
現在の仕事はなんですか?
 港湾ターミナル様向けにコンテナクレーン(岸壁クレーンとも言います)の自動化システムの開発に携わっています。
 具体的には、お客様の要求をもとにシステムを設計・開発、そうして作ったソフトウェアが要求通りに動作するかをテストし、更に導入・保守までの一連の業務を行います。
仕事で、誰と関わりますか?
 社外では、クレーンを製造されるメーカーのお客様とお仕事をしております。設計段階ではシステムについて打ち合わせを重ね、仕様を詰めていくこと、導入段階からはコンテナクレーンが仕様通りに動作するかを現場で確認し、納品することで関わります。
 社内では、主に同じシステムの開発メンバーと仕事をしています。お客様と打ち合わせた内容をもとに設計、開発、テストを進めていくなかで、また、現場で作業するなかで関わります。現場作業時の安全第一はもとより、進捗管理、技術的な相談や意見交換など、こまめなコミュニケーションが重要です。
仕事で感じるやりがいはなんですか?
 重さ30tのコンテナを、高さ20mまで、自動化クレーンが吊り上げた時です。自分達の仕事が形を得て動きだす瞬間、そこへ大型機械の物理的な迫力が加わって、圧倒されながら感動もひとしおでした。少し照れくさいですが、このような大きな機械の自動制御に自分が関わっていると思うと、誇らしいです。
仕事で感じた厳しさはなんですか?
 当たり前のことですが、時間を守ることです。
 「時間を守ることは、人間にできる一番小さな約束」であるそうです。仕事は約束の積み重ねですので、時間を守れない人間の仕事は信用されません。
 これを強く実感したのは、自分が納品待ちの製品が、予告なく期日に遅れた時でした。冷徹になった一方で、反対の立場だったらと思うと恐ろしくもありました。もちろん、中にはどうしようもない事態もありますが、社会人だからこそ、時間の大切さを強く感じました。
代表的な一日の仕事の流れを教えてください
8時30分
就業開始
メールチェックとミーティング。自分の仕事について進捗報告します。
アドバイスやアイデアをもらうことも(その逆も)。
10時00分
ドキュメント作成
以前、お客様と打ち合わせた内容を文書化します。
お客様の要求と、それに対する実現方法とを整理しながら書くのに苦労します。
12時00分
昼休み
構内食堂でカレー、あるいは事務所でお弁当を食べます。
カレーの日は上司~後輩まで、だいたい皆カレーを食べに行きます。
13時00分
コーディング
仕様が確定していること、後戻りが発生しないこと、テストの日程、午後の眠気などを勘案して、ドキュメント作成が済んでいる機能のコーディングに入ります。
特になければドキュメント作成を続けます。
19時00分
退勤
近場でご飯or居酒屋or自宅で自炊です。
気が向いた人が連れ合って繰り出す感じです。

MSRのPRを一言お願いします!

面倒見の良いあたたかい会社です。それから大型機械の浪漫。

 面倒見がとても良いこと。配属後、個々人に教育担当の先輩が付き、OJTを通じて業務を一つ一つ理解していけます。仕事を進める中で疑問があったり、良いアイデアを思いついたり、あるいは問題がおきてしまった時も、意見交換から相談まで、とても発言しやすくて、ありがたく感じています。

入社の決め手は何でしたか?
 「地元の岡山にゆかりのある企業」、「学生時代に学んだ分野とは違う業界への挑戦」の二つをテーマに就職活動をしていました。そんな時に出会ったのがMSRで、三井造船という岡山発祥の企業であること、これまでほとんど関わることのなかったIT業界であることが入社の決め手となりました。
 実際に説明会や面接でMSR社員の方々と接してみると、気さくに会話をしやすい雰囲気を作って下さり、とても好印象だったことを覚えています。
現在の仕事はなんですか?
 四国地区のお客様をメインに営業職をしています。
 主にはお客様が「こんなシステムを作りたいと思っているんだけど・・・」という要望を拾うところから、お客様の要望の具体的な内容を聞きだし、システムを作るための方法や費用などの提案を行っています。他には、自社製品である「TIME-3X」や「Dr.セルフチェック」などの営業も行っており、様々な業界のお客様を担当しています。
 仕事柄、出張で県外へ行くことも多く、その土地の料理やお酒を味わえることは営業ならではの楽しみです。
仕事で、誰と関わりますか?
 営業なのでお客様と接する機会が多いですが、意外と社内の人と関わることも多いです。私の持っている情報を、開発部の方へ連携しミーティングを行い、今後の対応方針を決定するなど社内の方とコミュニケーションを取ることも多くあります。
 私自身、入社するまでIT業界というと「一人でパソコンに向かって作業をする」というイメージを持っていましたが、システム開発はチームで行うため、進捗状況や情報共有を行う定例ミーティングを設けたりしています。
 また、営業としてお客様とは関わる場面は多くあります。そのため、それぞれのお客様に合った話題を提供できるように、日々、新聞やニュースから情報を得るよう心がけています。
仕事で感じるやりがいはなんですか?
 常々、「顧客との距離が1番近い営業だからこそ得ることのできる情報」を大切にしたいと思いながら行動しています。そんな中で、懇意にして下さっているお客様から「こんな案件があるんだけど…どうかな?」などと個別にお話しを頂けたことで、単独で大型案件を獲得できたこともあります。そういう時に、普段の営業活動がつながったのだととてもやりがいを感じます。
仕事で感じた厳しさはなんですか?
 今の仕事に限った話ではないですが、問題点や報告内容を簡潔にまとめることがとても重要だと感じています。仕事では、お客様への提案資料や社内の会議資料など様々な資料を作成することがあります。システムという目に見えない複雑なものを、いかにして端的にわかりやすい内容にして伝えるかを、日々考えながら努力しているところです。
代表的な一日の仕事の流れを教えてください
8時30分
出社
メールチェック、朝会
緊急度の高い作業が無いか確認。朝会で今日の活動予定を報告します。
10時30分
外出
お客様を訪問し、打合せ。
前回打合せの課題に対する検討結果の報告や、新たな情報の聞き取り。
12時00分
昼休
外出先で昼食
13時30分
帰社
お客様との打合せ結果を報告、次の課題に対する対策を検討。
15時30分
外出
別のお客様を訪問し打合せ。
16時00分
帰社
明日の予定の確認、資料作成等。
17時30分
退社
同僚や上司と飲みに行くこともあります。
たまにゴルフの練習に行くことも。

MSRのPRを一言お願いします!

活躍しているのは理系だけじゃない!

 システム会社というと理系のイメージがあると思いますが、MSRで活躍している社員の中には文系出身の人も多くいます。私自身、大学はスポーツ系の学部卒で、プログラミングなどシステムに関する知識・経験はありませんでしたが、今では、上司の方や先輩に教えて頂きながら、日々スキルアップできていると実感しています。これまでの学生時代にシステム系の勉強をしてきた人はもちろん、全く別の分野の勉強をしてきた人も活躍できる場がMSRにはあります。
 また、仕事だけではなく、会社や組合のイベントも充実していて、スポーツ大会や夏祭りなどで社内外の人とも交流できます。

最近の主な採用実績大学(五十音順)

国公立大

大分大、大阪大、大阪市立大、大阪府立大、岡山大、岡山県立大、お茶の水女子大、香川大、鹿児島大、北九州市立大、九州工業大、熊本大、高知大、高知工科大、神戸大、埼玉大、滋賀県立大、首都大学東京(旧東京都立大)、信州大、千葉大、筑波大、東京大、東京海洋大(旧東京商船大)、東北大、徳島大、鳥取大、名古屋大、名古屋工業大、奈良教育大、奈良女子大、新潟大、はこだて未来大、広島大、福岡県立大、山口大、山梨大、横浜国立大、和歌山大 他

私立大

愛知大、青山学院大、亜細亜大、岡山理科大、学習院大、神奈川大、神奈川工科大、金沢工業大、関西大、近畿大、倉敷芸術科学大、久留米大、慶應義塾大、工学院大、甲南大、国士舘大、芝浦工業大、上智大、成蹊大、西南学院大、摂南大、専修大、高崎経済大、拓殖大、千葉工業大、千葉商科大、中央大、中京大、中部大、東海大、東京経済大、東京情報大、東京女子大、東京電機大、東京理科大、同志社大、東邦大、東北工業大、東洋大、徳島文理大、独協大、名古屋商科大、日本大、日本女子大、広島工業大、福岡大、福岡工業大、佛教大、法政大、松山大、武庫川女子大、明治大 他