MapInfo用ツール

お客様に少しでもMapInfoを便利にお使いいただくため簡単にMapInfo上で使用できるツール類をご提供しております。

GEOSPACE CDS for MapInfo Pro

リーフレットダウンロード

9:51 2016/10/05

GEOSPACE CDS for MapInfo Proは、インターネットを通じて、クライアント端末からリクエストした箇所の地図を、ラスタデータとして配信する製品・サービス(※1)です。
MapInfo proの背景地図として、NTT空間情報株式会社が提供するクラウドサービス『GEOSPACE CDS』を利用できるようになりました。

※1 GEOSPACE CDSを利用するために必要なアクセスキーと、MapInfo Pro に対応したアドオンツールが含まれています。

高い精度とカバー率

可住地域1/2,500と山間部1/5,000の縮尺で、正確な地形、建物、道路、目標物の把握が可能。その信頼性の高さ、ラスタの美しさは、幅広い用途での背景地図として、大変使いやすくなっています。

定期的なデータ更新

インターネット環境ではデータが自動更新されるため、ユーザー様の作業負担なく、常に最新のデータをご利用いただけます。なおオンプレミス環境では、導入時構築したデータ配信サーバーに対してのみ、更新作業が必要となります。

インターネット/オンプレミスで利用可能

インターネット接続が難しい端末でも、社内にオンプレミス環境を構築して利用することが可能です。ユーザー様のセキュリティ方針や利用環境に応じたサービス提供を実現します。

二次利用制限なし

地図販売を目的とした利用を除き、データの印刷や書類への添付に制限はありません(copyright表記のみでOK)。複製に関わるコストはもちろん、煩雑な申請業務を減らすことができます。

農地・森林管理システム

「田畑の利用状況を把握したいけど、基盤となる地図がない」「農薬散布図を用意して、利用者に配布したい」「防犯対策のために森林エリアを共有したい」
そんなご要望にお応えできるのが GEOSPACE CDS for MapInfo Pro です。

STEP1:作図

高精度で鮮明な航空写真を背景に、ベースマップをMapInfo Pro で作成。道路や鉄道、河川など、リアリティあふれる写真は、GIS初心者の方にもわかりやすく、作図作業が簡単になります。

STEP2:分析・編集

作成したベースマップはユーザ独自のコンテンツとして、応用できます。例えば、農作物の種類ごとに色分けすれば、何がどこで育っているかが一目瞭然。

STEP3:情報共有

農作物の種類によって農薬散布の時期が異なる場合、必要な農地だけを抽出し、対象エリアとして関係者に情報共有すれば、散布ミスを防ぐことが可能になります。

電波伝搬シミュレーション

「実証実験で取得した電波伝搬のデータを簡単に読み込んで地図上に表示させたい」
「複製利用の申請を省略して、電波のカバーエリアを社内や店舗で共有したい」

せっかくのデータをデータベースで数字や文字だけで管理しているのはもったいない。
地図で視覚化すれば、いつでも誰でも欲しい情報を取り出して閲覧できるようになります。

GISのソフト?緯度経度?主題図?いいえ、難しく考える必要はありません。
GEOSPACE CDS for MapInfo Pro で、導入コストを抑えて&シンプルに、利用をスタートさせてみませんか。

商圏分析システム

「来店客がどこからどのくらい来ているのか、把握してエリア戦略を立てたい」
「自社でデータ更新作業を実施するのは手間がかかるから避けたい」

そんなご希望を叶えるのが GEOSPACE CDS for MapInfo Pro です。

道路や河川、ランドマークとなる目標物の名称など、わかりやすく表示される電子地図は、商圏分析のほか、顧客管理、出店計画等のエリアマーケティング全般のご利用において、費用対効果も抜群です。

使用製品

・MapInfo Pro v12.5

・住所ジオコード for MapInfo Pro Edition

・MarketInfoV

・GEOSPACE CDS for MapInfo Pro
(電子地図+航空写真)

住所ジオコード

顧客情報や店舗情報、更には競合店情報など、文字情報としてのデータは存在していても、地図上の『どこ』という場所までは把握できません。
『住所ジオコード』は、漢字住所として入力された情報を自動的に解析し、その地図上の住所位置にシンボル(ポイント)を描画するツールです。

このようなリストとしてデータをお持ちの場合

丁目や番地の表記方法もいろいろなパターンに対応します。

◆ 1丁目2番地3号
◆ 一丁目二番地三号 (漢数字でもOK)
◆ 1−2−3
◆ 1の2の3
◆ 1ノ2ノ3
◆ 1-2-3 (半角数字でもOK)

ツール種類

住所ジオコードには解析する住所ランクにより、いくつか種類を取り揃えております。

住所ジオコード
MapInfo Pro Edition

「東京都千代田区有楽町1丁目」までの住所レベルまで解析します。

住所ジオコード (字付)
MapInfo Edition

「宮城県仙台市太白区坪沼字大八下」までの住所レベルまで解析します。

街区・地番マスター

「東京都千代田区有楽町1丁目1番地」までの住所レベルまで解析します

動作環境

MapInfo Professional v10.0 以降

らくらくテーブル

「らくらくテーブル」はMapInfoへのデータインポートやテーブル操作手順を飛躍的に向上させるツールです。

機能 基本機能での悩み ツールによる改善
テキスト
読み込みツール
テキストデータ等を取り込む場合、ファイル指定するだけではなく、「データ範囲」や「ファイルキャラクターセット」など、判りにくい指定が多く、 取り込むまでに時間がかかる...。 テキストのデータファイルを選び、保存先を指定するだけでデータの 取り込みができます。データの第1行目をフィールド行として作成して戴きますが、他には面倒な指定項目がありません。
(但し、テキストデータは、区切り文字のみ指定があります。)
項目指定結合 メッシュ地図と統計データ、 市区町村地図と自作の市区町村別顧客データのような地図とデータが分かれているものを結合しようとする場合、SQL検索などを使用しなければ結合できない。
また使用するフィールドの指定などが多い場合、SQL検索のダイアログ内で指定しきれない...。
SQL検索などは使用せずに... (1) 地図とデータの指定  (2) 結合する為のキー項目  (3) 使用するフィールドの指定を順に表示されるダイアログに指定していくことにより、結合処理が出来ます。更に結合結果は、元の地図に結合し更新するか、新規にテーブル を作成するかの指定が可能です。
一度で
複数テーブル結合
同じテーブル構造のもの(都道府県毎に分かれている地図等) を一度に1つのテーブルに結合しようとしても、 1つずつしか結合することができない...。 結合したいテーブルを開きます。 (1つのマップウィンドウに全てのレイヤが無くてもよい)ツールを起動し、 1つにしたいテーブルを全て選択し結合すると、一度に結合されます。 結合結果は新規テーブルとして保存されま
メッシュ地図併合 MSR製のメッシュ地図を購入後、使用する都道府県を結合しようとした場合、 結合する前にSQL検索にて県境で重複しているオブジェクトを削除し、 圧縮する処理をしてから結合しなければならない...。 各都道府県のメッシュ地図を併合し、 県境の重複しているオブジェクトの処理も同時に行います。 結果は新規テーブルに保存されます。
指定テーブルMIF
一括TAB変換
MID/MIFファイルが複数ある場合、1つずつインポートしなければならない。 一度でMID/MIFファイルをTABに変換します。テーブルはMID/MIFファイル毎に作成されます。

らくらく図形

「らくらく図形」はMapInfo上での図形やオブジェクトを簡単に変更したり、併合させる事の出来るツールです。機能は主に以下の5種類があります。

機能 基本機能での悩み ツールによる改善
シンボル簡単移動 住所ジオコード後、町丁目地図の中心に集中して ポイント作成されてしまっているシンボルなどを 移動する場合、レイヤ管理でレイヤを編集可能にしないと移動できないこと、重なっているシンボルのどれを選択しているのかがわからなかったりと初心者には難しい...。 移動したいデータをリストから選択し、地図上の移動したい地点でクリックすることでシンボルを移動することができます。移動したシンボルは、表示されるリスト項目から削除されるので、移動されたか、されていないかの判断も可能です。
簡単併合 レイヤ管理で編集可能にしなければならない。オブジェクト併合を行う際、ただオブジェクトを1つにしたいだけなのに、難しいダイアログが表示される。更には併合後、テーブルの圧縮処理を行わなければならなくて難しい...。 選択した場所に対してオブジェクト併合を行います。併合後、新規または既存テーブルに保存の指定ができます。併合処理後、自動的に圧縮を行います。
オブジェクト
スタイル変更
マップ上でクリックしたものに対して、指定したオブジェクトスタイルに変更できればいいのに...。 専用の設定画面で指定したスタイルをクリックしたオブジェクトに変更します。連続してクリックすることにより次々にスタイル変更することができます
オブジェクト
スタイル一括変更
マップ上でクリックしたオブジェクトと同じスタイルを持つものに対し、文字情報やSQL検索で選択するのではなく、ただクリックしただけで選択し、オブジェクトスタイルを一度に変更したい...。 同一レイヤ上でクリックされたオブジェクトと同じスタイルを持つものを、指定したスタイルに一括変更します。
マップ上でクリックしたオブジェクトと同じスタイルを持つものに対し、文字情報やSQL検索で選択するのではなく、ただクリックしただけで選択し、オブジェクトスタイルを一度に変更したい...。 同一レイヤ上でクリックされたオブジェクトと同じスタイルを持つものを、指定したスタイルに一括変更します。

時間距離計算機能

時間距離計算機能は、道路地図(オプション)を利用し、「任意の地点間の最短距離を求める機能」
「任意の地点から一定時間で到達できる範囲を求める機能」を持つ、MSRオリジナルの便利ツールです。

最短経路計算

到達圏計算

動作環境

MapInfo Professional v7.5 以降

PAGE TOP