ポイントデータ製品 > 50mメッシュ標高 >


50mメッシュ標高

国土交通省国土地理院が刊行の「数値標高モデル(DEM)10mメッシュ(標高) 」データを用い50mメッシュで集約した「50mメッシュ標高」です。
2次メッシュを縦(緯度) を50分割、横(経度) を225分割した50m区画メッシュ図形を作成し、属性に14桁の細分メッシュコードと1m単位の有効数値の標高値を持ちます。
50mメッシュ標高データは、破堤等による氾濫水の氾濫解析や治水工事の経済効果、洪水ハザードマップの作成に多く利用されています。
電波伝搬のシミュレーションなどの分析等でも利用されています。

サンプルイメージ

- banner1

50mメッシュ標高を日本国土を包含している4,752 個の2次メッシュ単位で提供いたします。

Close
  • 50mメッシュ標高を日本国土を包含している4,752 個の2次メッシュ単位で提供いたします。

  • 50mメッシュ標高で伊豆半島の平均標高を5段階のレンジで標示したイメージです。

  • 50mメッシュ標高での提供データ項目とツール

出典

国土交通省国土地理院刊行の
基盤地図情報数値標高モデル(DEM)10mメッシュ(標高)

データフォーマットと測地系/投影法

・MapInfo Tab形式

・世界測地系のデータ JGD2000

価格

スタンドアロン価格 全国版 300,000円/1ライセンス

※同一法人で利用の場合に限ります。

PAGE TOP