三井E&Sシステム技研株式会社

  • TOP
  • 一般事業行動計画

次世代法 三井E&Sシステム技研株式会社 行動計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行なうため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成29年4月1日から平成32年3月31までの3年間

2.内容

目標1 育児をしながら働く従業員に対し援助をする目的で平成29年4月1日に新設する育児補助手当の制度定着を目指す。



<対策>

  • 平成29年 4月~
    従業員への制度周知
  • 平成29年10月~
    制度使用状況のフォローアップ
    さらに良い制度にしていくために必要な事項の検討
  • 平成30年 4月~
    ブラッシュアップした制度の施行


目標2 育児介護、メンタル不全等で一時的に業務遂行責任を軽減する働き方を可能にする目的で平成29年4月1日に新設する制度の定着を目指す。



<対策>

  • 平成29年 4月~
    従業員への制度周知
    具体的運用マニュアルの整備
  • 平成30年 4月~
    制度使用状況のフォローアップ


目標3 大学生等のインターンシップを実施し、複数職種(SE、電気電子等)における就業体験の機会を提供する。


<対策>

  • 平成29年 4月~
    インターンシップの実施について幅広く広報活動を行い、学生に対して就業体験機会を提供する。
  • 平成29年 8月~
    毎年8月に本社、玉原事務所でインターンシップを実施
  • 平成29年 9月~
    毎年8月の実施を受けてフォローアップ
                                      以上

女性活躍推進法 三井E&Sシステム技研株式会社 行動計画

 三井E&Sシステム技研株式会社では多様な人材を生かし最大限に能力を発揮できるよう「ダイバーシティ推進」を重要な柱の一つとしています。
 女性社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行なうため、次のように行動計画を策定しました。

1.計画期間 平成28年4月1日から平成32年3月31までの4年間

2.当社の課題

(1)新卒女性採用比率が低い
(2)再雇用又は中途採用の女性採用人数が少ない
(3)女性労働者の割合が低い(年代が上がるほど女性の割合が低い)

3.目標と取組内容・実施時期

目標1 平成32年4月1日新卒女性採用比率を25%にすることを目指す。
目標2 再雇用又は中途採用における女性採用人数を増やす。


<取組内容>

  • 平成28年 4月~
    採用における女性への情報発信の強化
    ①女性の応募を増やすため、HP等のコンテンツを見直し、改善
    ②女性採用担当者による採用活動
    ③内定者フォロー(女性社員による座談会や個別面談の実施等)
     再雇用の取扱いの見直し、改善
     中途採用の活動内容の見直し、改善
  • 平成29年 4月~
    人事制度改革(多様化する価値観に対応した職群の設定検討)
  • 平成31年 4月~
    目標値に対する達成率の確認、取組内容の再検討・実施
                                      以上